かまぼこ料理

野菜やチーズ、イカなどをすり身と混ぜてこんがり揚げた創作因幡揚げも人気です!

当たり前のものを美味しく食べられるのが最高の贅沢だと言いますが、家族で囲むおでんや磯辺揚げなどに欠かせないちくわ(竹輪)は、美味しさだけでなく栄誉バランスの面でも優れものの食品です。

 

 

その美味しいちくわに、「とうふちくわの里・ちむら」が特殊な技術で豆腐のまろやかな風味と味わいをプラスして完成させたのが、ここでご紹介する「とうふちくわの里・ちむら」が販売しているとうふちくわです。

 

 

「とうふちくわの里・ちむら」は創業慶応元年の老舗食品メーカーで、伝統的な製造方法で作られた安全で健康に良いちくわとかまぼこ作りを受け継いでいるだけでなく、現代人の味覚に合ったオリジナル製品の開発にも取り組んでいます。

 

 

本来ちくわと言う食品は魚のすり身を加工したものですが、とうふちくわのルーツを調べてみると意外と古くから製造されていたことが分かります、江戸時代後期に因幡藩(現在の鳥取県)で、魚のすり身の調達に困っていた竹輪職人が、当時因幡藩城下で盛んに作られていた豆腐を使用して製造してみたのが始まりだったと言われています。

 

 

健康維持やアンチエイジング(若返り効果)に効果があると注目されている豆腐で、竹輪を作るという先人の知恵には驚いてしまいます。

 

 

とうふちくわで使われている豆腐には、体の細胞を活性化させて老化のスピードをストップさせてくれる、「大豆イソフラボン」が豊富に含まれているので、自分の体をいつまでも若々しく保ちたいと願う人には、毎日の食事で美味しく食べて健康を維持する効果のある「とうふちくわ」がピッタリです。

 

枝豆味や柚子味、鳥取和牛味のとうふちくわなど味のバリエーションも豊富です!

「とうふちくわの里・ちむら」で製造しているちくわやかまぼこは、防腐剤や着色料を一切使用しない完全無添加のです、それは「素材の特徴を引き出し、活かしきること」という創業以来のポリシーを大切にしているから。

 

 

「とうふちくわの里・ちむら」の商品は地域限定の特産品として直売店だけで販売されていましたが、「とうふちくわの里・ちむら」の一押し商品であるとうふちくわを食べた人の「もう一度食べたい」と言う口コミが広がって、ネットショップでも購入することが可能になりました。

 

 

わざわざ直販店に出かける時間のない人でも、24時間いつでもアクセスして、自分のお気に入りのちくわやかまぼこなどを注文することができるので便利です。

 

 

しかも、「とうふちくわの里・ちむら」では、アイディアいっぱいのちくわ料理やかまぼこ料理の新メニューやレシピを公開しているので、いつも同じような食べ方でちょっと飽きてしまった、と言う人でも新しいレパートリーを増やすことができますよ。

 

 

「とうふちくわの里・ちむら」のネットショッピングにはそれ以外にも、ちくわやかまぼこに関する豆知識など役に立つ情報がたくさんあります。

 


 

▲上へ戻る